現在位置: ホーム / 研究紹介 / 実環境のモデリングに関する研究 / 階層化三次元幾何データを取り扱うコンテンツ管理システム

階層化三次元幾何データを取り扱うコンテンツ管理システム

木村 洋介, 大阪大学大学院 修士学位論文, Feb. 2007.

論文概要

三次元幾何データ(三次元データ) にはユーザの任意の視点でモデルを閲覧できるという利点があり,文化財,医用画像,工業製品などを紹介するウェブページに組み込むことで魅力的なウェブサイトを構築することができる.しかし,ウェブページに三次元データを組みこむだけでなく他のコンテンツと連携した動作をするさらに魅力的なウェブサイトを構築するためには,ウェブ技術の詳細な知識と煩雑な編集作業が必要となる.また,様々な環境にある端末からウェブサイトへアクセスして三次元データを閲覧するにあたっては,端末の処理能力やネットワークの通信速度が描画時間に影響する.これらの問題を解決し,三次元データの利点を生かしたウェブページ作成を支援するシステムが望まれる.本論文では,三次元データを取り扱い可能なコンテンツ管理システム(CMS) を提案する.CMS はウェブページの内容(コンテンツ) の管理とデザインを分離するシステムであり,編集支援機能とウェブページのデザインを定義したテンプレートを利用することで,ウェブ技術の知識が無い者でも簡単にウェブサイトの構築を行うことができる.本研究では,CMSで三次元データを組み込んだウェブページの編集を可能にし,三次元データに注釈を付加して三次元データと同時に表示する機能を実現した.さらに,注釈を通じた他のコンテンツとの連携動作を定義する機能を実現した.また,付随する三次元データ描画システムとして,端末の処理能力やネットワークの通信速度によって描画されるモデルの解像度を変更することで描画時間を動的に調整できるシステムを実装した.実験により,三次元データ描画システムの実行速度に関する有用性及びCMS のインタフェースに関する有用性が確認された. (pdf file)

関連論文

  • "MS用三次元コンテンツ学習システム", 情報処理学会 研究報告, 第4回CMS研究会, Dec. 2006.
  • "階層化3次元データを扱う対話的なコンテンツマネジメントシステム", ヒューマンインタフェースシンポジウム, pp. 1212-1222, Nov. 2006. (pdf file)
  • "モバイル端末向け注釈付加機能付き大規模三次元データ高速描画用Javaアプレット", 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO)論文集, Vol. 2006, No. 6, pp. 145-148, Jul. 2006. (pdf file)
  • "モバイル端末用大規模三次元データ提示手法のJavaアプレットによる実装", 電子情報通信学会 総合大会講演論文集, A-16-4, Mar. 2006. (pdf file)
  • "A Hierarchical 3D Data Rendering System Synchronized with HTML", The International Journal of Virtual Reality, Vol. 5, No. 2, pp. 67-72, Dec. 2006. (pdf file)
  • "Hierarchical 3D Data Rendering System Synchronizing with HTML", Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), A-16-4, Mar. 2006. (pdf file)