現在位置: ホーム / 研究紹介 / ウェアラブルコンピュータ・拡張現実感に関する研究

ウェアラブルコンピュータ・拡張現実感に関する研究

Reflective Component Based Software Architecture for Ubiquitous Augmented Reality

Reflective Component Based Software Architecture for Ubiquitous Augmented Reality

Eduardo Veas, 大阪大学大学院 修士学位論文, Feb. 2006.

もっと読む

拡張現実環境における注釈の距離情報の視覚化の提案と評価

拡張現実環境における注釈の距離情報の視覚化の提案と評価

浦谷 謙吾, 大阪大学大学院 修士学位論文, Feb. 2006.

もっと読む