現在位置: ホーム / 研究紹介 / 協調作業に関する研究 / 個人空間と共有空間を統合したテーブル型協調作業環境の構築

個人空間と共有空間を統合したテーブル型協調作業環境の構築

中島 康輔, 大阪大学大学院 修士学位論文, Feb. 2005.

論文概要

人と人とが協調して作業を行うためには様々な要素が重要となる.特に重要視される問題として「アウェアネスを意識した作業環境」,「個人空間と共有空間のシームレス性」,「様々な情報提示方式の統合」の3 点を考慮した環境が挙げられる.従来研究ではこれらの一部のみを統合した協調作業環境にとどまっていた.そこで本研究では自然なコミュニケーションと柔軟な情報の共有を実現する新しい協調作業環境を提案する.具体的には,まずアウェアネスを意識した作業環境として多人数用立体表示装置 IllusionHole を基にしたテーブル型ディスプレイを設計し,自然なコミュニケーションの確立を図るとともに 2 次元と 3 次元の画像をユーザに効果的に提示する.次に,このテーブル型ディスプレイ上で,共有空間であるテーブルトップ環境と個人空間である既存のデスクトップ環境をシームレスに統合する.テーブルトップでは複数のユーザが既存のデスクトップのデータやアプリケーションを既存のユーザインタフェースを用いて同時に利用でき,デスクトップからテーブルトップへ容易に情報を公開できる.以上の機能により,提案システムは,2 次元空間,3 次元空間,個人空間,共有空間の 4 つの空間とそのユーザインタフェースがシームレスに統合された環境となっており,自然なコミュニケーションの支援と柔軟な情報の共有が実現されている.また,提案システムのアプリケーション例としてモデリングアプリケーションを試作した.そして提案システムの評価のために実験を行い,アンケートの結果から有効性を確認した.(pdf file)

関連論文

  • "協調モデリングのための 2 次元と 3 次元の統合作業環境", 電子情報通信学会 技術研究報告, IE2003-191, Feb. 2004. (pdf file)
  • "多人数協調型モデリングのための 2 次元と 3 次元の統合環境", 日本バーチャルリアリティ学会 大会論文集, 3B2-4, Sep. 2003. (pdf file)
  • "IllusionHole マスクへの投影画像を利用した協調作業環境", 電子情報通信学会 総合大会講演論文集, A-16-15, Mar. 2003. (pdf file)
  • "多人数用立体表示装置― IllusionHole の遮蔽板への投影画像を利用した協調作業環境の構築", 大阪大学 特別研究報告, Feb. 2003. (pdf file)
  • "A 2D-3D Integrated Environment for Cooperative Work", Proc. ACM Symp. on Virtual Reality Software and Technology (VRST), pp. 16-22, Nov. 2005. (pdf file)
  • "A 2D-3D Integrated Environment for Cooperative Work", Proc. Int. Conf. on Artificial Reality and Telexistence (ICAT), S11-6, Nov. 2004. (pdf file)